トップページ > 家族葬

家族葬

時代の変化とともに葬儀の形式も多様化していく中、葬儀形式の一つとして「家族葬」という言葉をよく聞くようになりました。一般的に家族葬とは、ご家族だけで行うご葬儀や、ご親族およびごく親しいご友人だけで行う小規模なご葬儀のことを言います。しかし、家族葬だからといって、必ずこうしなければならないと言うことはありません。私たちが考える家族葬は、ご家族を中心にゆっくりとお別れの時を過ごしていただけることができるご葬儀のことだと考えます。
家族葬の特徴
少人数で親しい方だけで行うので、お付き合いや義理などで来られる会葬者に接待する必要がないので、ゆったりした雰囲気でお別れができます。ご家族の精神的・体力的な負担が軽減され、故人との最後のお別れの時をゆっくりとお過ごしいただけます。
  • ●ご挨拶や接待に振り回される事なく大切な方とゆっくり最後のお別れが出来る。
  • ●形式にとらわれない、ご遺族の思いを優先したお見送り。(無宗教・お別れ会など)
  • ●家族・親族・友人・知人・身近な方々中心での温かいお見送り。
  • ●会葬者が少数のため、料理・粗供養に伴う葬儀費用の見積もりが正確に予測出来る。

「家族葬」の注意点
  • ●葬儀が終わってから、訃報を聞いた人たちが週末ごとに弔問され、対応に疲れる。
  • ●親族から「参列者を呼ばないなんてとんでもない!」と不満を言われる可能性がある。
  • ●後日、訃報を知った人たちが「教えて欲しかった」と不満を言われる可能性がある。
  • ●参列者を呼ばない予定が、式の日程を知った人たちが参列して対応に追われる。
  • ●参列者が少ないゆえに、香典が少なく結果的に持ち出しの費用が多くなる場合も。

通夜と告別式を近親者(少人数)のだけで行う葬儀です。
ご家族の様々なご負担を軽減できるよう明確で安心な費用でご提案させていただきます。
※火葬だけをご希望の方もご相談お受けいたします。