トップページ > 近年の葬儀

近年の葬儀

近頃の葬儀の傾向や実例

少し前の葬儀というと、華美な装飾の祭壇・会葬者への忙しい対応、祭壇と弔問客の人数により多大な葬儀費用…というのが一般的な日本の葬儀でした。
しかし昨今では、「お葬式」の事情も少しずつ変化をしてきています。

お葬式の変化 その1.

身内・親族・本当に仲のよかった友人だけの葬儀が増えてきました。 故人と本当に最後限られた時間をゆっくりと過ごされたい方たちのみが集まり、義理だけでない本当の意味での故人最後の見送りをすることができます。また、家族葬だと人数も把握がしやすいので、料理や返礼品の予想外の出費が出てしまうということもありません。

お葬式の変化 その2.

形式にとらわれることのない争議が増えてきました。 形式にとらわれることのない葬儀も増えてきています。故人の好きな音楽を流したり、思い出コーナーをつくり、故人の生前の写真や趣味のものを飾ったり、ビデオを流したりと、故人らしさを出せる葬儀が増えてきています。また、祭壇も、白木の祭壇ではなく季節の花を取り入れた花祭壇なども一つ故人らしさを表現できる材料となります。
故人らしさを出せるような葬儀にされたい場合には、提案力のある葬儀社に依頼をすることがポイントです。生前故人がどんな人柄でどんなことを好きだったのかなど話をきいてそれを葬儀へプロデュースしていける葬儀社へ依頼することが故人らしさを表現できる葬儀となります。

お葬式の変化 その3.

無駄な費用をかけない争議が増えてきました。 核家族化が進み、「無駄な費用をかけずに」という方が増えております。葬儀費用とは決して安くないものです。自分たちがどこに費用をかけて、どこを節約するのか、ということを一つ検討しておくといいと思います。

お葬式の変化 その4

事前の相談が増えてきました。 今までは、葬儀に対してタブー意識が強かったせいもあり、「葬儀の事前の相談なんて・縁起でもない」という意識がありましたが、今現在では、葬儀の事前の相談が増えてきたということが傾向としてみられます。
葬儀に対して、事前に知識や葬儀社を選んでおくということは、故人らしく送ってあげることも去ることながら、残された家族のためにもなるという意識の方が増え、後悔をしないためにも、事前にお葬式について考えておく。
家族葬・火葬式情報案内センターには事前のご相談が数多く寄せられています。そして、ご相談をされたほとんどの方が「事前の相談をしておいてよかった」というお声を頂いております。

お葬式の変化 その5.

葬儀社の比較検討をすることが多くなってきました。 葬儀費用にしても葬儀社の対応にしても、2社ないし3社比較検討をされる方が多くなってきています。葬儀とは分かりにくいがゆえに1社ではいいのか悪いのか、もしくは安いのか高いのか判断に迷うこともあり、またそれだけではなく、自分たちと葬儀社のフィーリングもあったりもします。他の商品と同様に、比較検討をされて自分たちによりあった葬儀社に依頼をするためにもこの比較検討が増えてきております。